会社概要

  1. HOME > 
  2. 会社概要 > 
  3. リクルート

リクルート

横谷紙器製作所が求める人材とは

私たちのビジネスの一歩一歩は豊かな感受性や適格な判断力をベースにお客様をよく知り、時代をとらえ、魅力的なパッケージ、素材など、ニーズに応えるサービスを開発することから築き上げられてきました。

しかし、いちばん大切なのは社員一人ひとりが夢を抱いて取り組むこと。その中にこそ、事業を推進するエネルギーが満ちています。

横谷紙器製作所は学歴や経験にとらわれない、実力主義の社風です。

それは、社員の挑戦する気持ちをひきだすためのもの。
より大きなチャレンジスピリッツがより豊かな包装文化を実現できると信じています。

横谷紙器製作所スタッフからのメッセージ

やりがいが大きい、ものづくりの仕事

専務取締役 横谷 和秀

ものづくりに興味のある人、ものづくりが好きな人にとって最適な職場だと自負しています。一つひとつが手づくりで意匠性を要求される強化ダンボールにしても、独自のノウハウを要求される一般ダンボールにしても、非常にやりがいのある仕事です。組織の成長は、人材そのものにかかっていますから、自主性を強く持った人たちに、経営者目線で、仕事に取り組んでもらいたいと考えます。温和で真面目な人柄であれば、技術者としても人間としても成長できるよう、私たちが全員で丁寧にサポートしますので、ぜひ、多くの人たちに、自らの就職先として興味を持っていただきたいですね。

人間に興味を持って仕事に取り組んでほしい

営業部 岡田 修三

営業職にしても、製造の現場に携わるにしても、人と人との繋がりを大切にする当社ですから、人間に興味を持つ方に入社してほしいという想いがありますね。ダンボール業界についての知識がなく不安を持つ方でも問題はありません。実際、業界未経験で1年前に入社した山本くんも、前向きな姿勢で急成長しています。業務内容は熟練スタッフが丁寧に指導しますから、安心して当社へアプローチしてください。

持っていてほしいのは、新たなことへ挑戦する姿勢

第一製造部・工場長 海老原 聡

最初はダンボールに関する専門知識がなくても、やる気と体力がある人であれば大丈夫。仕事についてはベテラン社員たちが基礎からしっかり指導しますので、技術はすぐに追いつきます。個人的には、汗水流して働くことに喜びを見出せるタイプが望ましいですね。学生時代などにスポーツ経験のある人が向いているでしょうし、歓迎します。従来の業務だけでなく、会社として未知の仕事にもどんどん取り組んでいる状況ですから、積極的に新しいことへ挑戦する姿勢を持った人たちに、当社の門を叩いてほしいですね。

求めるのはアイデアを生み出そうとする人材

総務部 横谷 清美

横谷紙器製作所は、伝統と実績で、お客様から厚い信頼をいただいている会社です。その大切な人間関係は、働く仲間たちにも存在します。人数が多くないこともあって、非常に家族的な雰囲気があるんですね。求める人材像としては、好奇心旺盛、真面目な人であるということ。さらに付け加えるなら、常にアイデアを生み出そうとする人がいいでしょうね。同じものを売り続けているだけでは、会社としての成長が望めません。ですから、お客様にとっての「使いやすい製品」や「新しい価値」を提案できる可能性を持つ人たちを、私たちは心よりお待ちしています。

会社概要
  • 梱包と物流の課題解決
  • Facebook もっと横谷紙器製作所がわかります。
株式会社横谷紙器製作所

309-1343
茨城県桜川市亀岡1024

TEL.029-76-1261

お問い合わせ